定期医療保険

医療保険には終身医療保険と定期医療保険があります。前者は保証期間が死ぬまでですが、後者は契約内容によって定められた期間までとなります。契約期間が異なることで、両者で保険料に違いがあります。
定期の方が契約内容は短いです。満期となるまでの契約であり、新たな条件で契約をしなおします。このため、契約期間は短くなりその分料金が安くなります。
しかし、この保険は終身ではないので、保険を継続したい場合には契約を更新しなければなりません。再契約する度に保険料が再計算されます。一般的に年齢が高くなるほど料金が高くなりますので、再契約毎に出費が増えることになります。
このため、更新を続けていくと終身保険よりも料金が高くなることもあり得ます。定期は短期間の保険としては出費を抑えられるのですが、長期間では効果を発揮しません。
定期の保険は終身保険のものと組み合わせることができるので、終身の保険内容を補う目的で定期を使用できます。必要としている保証内容は人によって違うので、定期に加入することで自分に合う保険にする方法が効果的です。
満期になると自動更新される定期もあるので、保険期間には十分注意してください。解約したい場合には保険期間が終了する前に手続きをしてください。

コメントは受け付けていません。