支払われない場合の約款について

日本には、世界に冠たる国民皆保険制度が存在します。これは、病気やけがをしたときに、国民のだれもが等しく医療機関で公的保険を利用して治療が受けられる制度です。この、公的医療保険は、企業に雇用される会社員の方は毎月の給料から天引き徴収される健康保険が適用されます。また、企業に雇用されない個人事業主の方、年金受給者の方などは、国民健康保険に加入することが義務付けられており、国民健康保険を適用した治療を受けることが出来ます。
上記の公的医療保険のほかに、病気やけがをしたときに保険金が支払われる民間の医療保険に加入する人も多くいます。公的保険だけでは、不安な部分を民間の保険で補おうとするものだと言えるでしょう。
ただし、民間医療保険には約款があり、保険金の支払いはそれに則って行われます。例えば、保険契約において提出する、病歴などの告知に偽りがあった場合などは、保険金は支払われないこととされています。
また、その他にも約款には細かな記載がされています。契約時には詳細を確認をして、どのような時に保険金が支払われるのか、あるい支払不可とされるのか良く確認することが重要です。
また、近年では、入院日数が少なくなり通院で治療を終える医療機関が増えています。民間医療保険の古いものは、入院に重点を置いたものが多くあるので、見直す必要があるかも知れません。

コメントは受け付けていません。