支払い限度日数とは

万が一に備えて加入しておくのが民間医療保険です。公的医療保険で賄える部分もおおくありますが、それでも足りない時のための備えです。ここで大事なのが、入院給付金をいくらにするかということと、それを受け取れる期間をどのくらいにするかということです。受け取れない場合の免責についても、考慮が必要です。
入院給付金を受け取れる期間のことを支払い限度日数といいますが、これには主に、60日型と120日型があります。どちらがいいのか迷うところです。同じ疾患で入院した場合の日数を示しており、短期間で二度入院した場合には、合わせて何日かということを換算されます。同じ疾患でも、退院日の翌日から180日以上経過していれば、新たな入院として、給付金を受け取ることができます。
どのくらい入院するのかわからないのだから、長いほうが良いと思いがちですが、入院のデータを見てみると、大抵の場合は60日型以内で収まるようです。もちろん、それだけでは収まらない場合も考えられますが、120日型にすれば、それだけ保険料も高くなります。その保険料を払っても家計に影響がないという方は、120日型を選んでも良いのではないでしょうか。
どちらにしても、万が一の備えですので、自分が今支出しても余裕があるだけの保険料に調整することが大切です。

コメントは受け付けていません。