公的医療保険と民間医療保険について

医療保険の中には、公的医療の保険と民間医療の保険というものがあります。この二つに、どんな違いがあるのかご存知でしょうか。
国が運営する医療の保険と、一般保険会社が運営する医療の保険があるという事です。
国が運営する医療の保険は、入院や病気をした時に、本来患者さんが負担しなければいけない自己負担額の7割を、国が支給してくれるという制度のものです。これは70歳未満の全ての人に対して適応されます。つまり、自己負担の実費は3割で済むという事になります。しかし実際、3割の負担でも、負担になるものです。退院してからも、通院をしたりなど、何かと費用はかかります。そのため、この7割の保険額支給は、とても役立つのです。
一般の保険会社が運営する民間の医療の保険も、入院や怪我、事故などの際に、一定の保険額が支払われますが、公的なものと違って、契約期間に定めがあります。65歳になれば、この保険は終了となっていしまうのです。
また、入院に関しても、5日以上から3か月以内の間の短期入院に適応されるものであり、通院代の支給はしていません。
このような二つの性質の違いを区別して考えますと、国が運営している保険サービスの方が、患者さんにとってメリットは大きいという事が伺えます。

コメントは受け付けていません。